« 素晴らしい女優発見 | トップページ | おお・・・!加藤嘉・・・。 »

咽び泣き倶楽部発足のご案内パート3

遂に、咽び泣き倶楽部の全貌が明らかにっ!

咽び泣き倶楽部とは!ソウルミュージックの中でも、咽び泣くソウルを聞いたり歌ったりして、楽しく悲しんだり、自分の不甲斐なさを振り返り、切なく身をよじったりする倶楽部である。

咽び泣き倶楽部的ソウルのジャンル  やはりファルセットコーラスグループのドリーミーな世界です。間違っても、テディー・ペンダーグラスみたいに野太いバリトンで「明かりを消せ!こっち来い!」などと吠えたりしない。逆に、声も掛けられず、遠くから見ているような感じだ。ウィルソン・ピケットみたいに、「俺は夜の帝王だ!」的にマッチョをアピールしない。夢を語ると言ってもEW&Fのように、「俺と宇宙へ旅立とう!」みたいな壮大な前向きさはない。咽び泣き倶楽部は、いつもメランコリーな霧に覆われているので、モータウン的ポップで前向きな明るさはない。(モータウンでも、スモーキー・ロビンソンは、モータウンの副社長でありながら、咽び泣くアーティストでもある立派な男である。)

咽び泣きソウル的スタンス 異性への目線が、常に下からである。  

咽び泣き倶楽部キーワード

1.涙

男は泣くべきじゃないけどボク泣いちゃうんだ
「Marvin Gaye"Aint too Proud to Beg"より」
ボクの涙を君に見せたくないから外に行って雨の中で泣くんだ。行かせてくれ!」
「The Dramatics"In the Rain"より」
君は、ボクが明るく振る舞って、生活を楽しんでいるように思ってるけど、君に振られてつらいんだ。近寄ってボクの顔をよく見れば、涙の跡が見えるだろう?
「Smokey Robinson"the Tracks of my Tears"より」  

2.雨

前項参照

3.夢・妄想

これは、現実みたいに気持ちが良い・・・。でもこれは、夢(妄想)です。時計を止めてくれ!この妄想が消えてしまわないように・・・・。
「Dr.York "It`s Only a Dream"」
ボクの妄想の中では君と、凄く幸せな生活を送ってるんだ。う〜ん。子供はふたり?三人でも良いな。でも現実では君はボクの存在すら知らない(え〜っ!そこまで情けないのかっ!)
「The Temptations"Just My Imagination"」
映画というボクの妄想の中では、君は、ボクのヒーローで、恋人で、友達なんだ。そして、おとぎ話みたいに、二人は幸せに暮らすんだ。
「Ace Spectrum"Just Like in the Movies"」

4.金はない・・・が、愛はあります・・・。

もし、お金があったら君に毛皮を着せて女王様みたいにするんだ。でもボクのポケットは空っぽだ!
「Stylistics"Can`t Give You Anything"」
もし、ボクが、いちおくえん持ってたら、君の愛を買うのに・・・。
「Soul Generation"Million Dollars"」

   以上です。書いてるうちにどんどんブルーに・・・・。

9687kb_2


|

« 素晴らしい女優発見 | トップページ | おお・・・!加藤嘉・・・。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咽び泣き倶楽部発足のご案内パート3:

« 素晴らしい女優発見 | トップページ | おお・・・!加藤嘉・・・。 »