« コメディーは | トップページ | Bollywood Dance »

エニアグラムと声の関係 タイプ2

エニアグラムの全タイプ中、声が大きめなのは、タイプ2・7・8あたりでしょうか?
それぞれ、大きな声になる目的は違いますが・・・。

タイプ7は、周りを盛り上げて、自分が楽しく過ごしたいから。タイプ8は、自分を大きく見せたいから。で、タイプ2は、自分の愛をその場に満たしたいから。

タイプ2は、「助ける人」と呼ばれ、献身的に振る舞うタイプと言われてます。それは、親との関係で、父親的なものを補佐する立場に自分を置いていたから、と言われてます。

・・・・、と言われてますが、実際のところ、「補佐する」というより、「牛耳りたい」感を凄く感じるのですが・・・。タイプ2の女性と接していると、いつも椅子取りゲームをしているような緊張感を感じるのです。「いつも」です。その「椅子」とは、「姉的立場」という椅子です。他愛のない話しをしながらも、虎視眈々とその椅子を狙っている・・・、と言いますか。タイプ2の、うぺぺさん。どうでしょうか?

日常で、感情をいつも豊かに表現して来たタイプ2は、演技も歌もすぐ出来ますが、感情を整理する、とか、抑える、というのが若干、得意ではないかな。

そもそも論理的な思考の出来るタイプ2に会った事がないのですが、皆さんの周りにいらっしゃいます?どうも、感情ばかりが溢れていて、論理的思考の入る余地がない・・・・、人ばかり・・・、なので・・・。会ってみたい!論理的思考性のあるタイプ2。男性のタイプ2も、ほとんど接点がないなあ・・・。

ちなみに、わたくし、声の小さい人が多いタイプ4ですが、わたくしは、声が大きいっす。それは、ボイトレの賜物っす。


|

« コメディーは | トップページ | Bollywood Dance »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

界存さま。はじめまして。

ボイストレーニングにエニアグラムを活用されているんですね!

エニアグラムの気質は非言語情報にも表れると思っていたので、それを実践されているとは、うらやましいかぎりです。

さて、私は自分を2W3だと自覚しています。

調子がいいときは単なる援助や奉仕レベルだと思いますが、

少しでも余裕が無くなると、場を牛耳るというか操作するほうに傾く気がします。

そんなときは、ちゃんと感謝を言葉や形で表しつつ、やさしく「たしなめて」やってくださいな。

そうすればタイプ2は一歩引けると思いますので。

感情については、溢れる感情をどのように鎮めたらいいか、いつも悩むところです。

エニアグラムに特化したブログをやっていますので、
良かったらご覧ください。

『いかす!エニアグラム天国』
http://ikasuenia.blog2.fc2.com/

私も同じタイプ2の男性を探してるんですよ~。

投稿: 篠田工治@クッキング父ちゃん | 2010年6月 7日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エニアグラムと声の関係 タイプ2:

« コメディーは | トップページ | Bollywood Dance »