« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年9月

ナマステインディア2010 2日目 ボリウッドダンス

今日踊りま〜す。おお。楽屋周辺でインドの人たち記念写真。おお!インドの子供たちも!Photo_2
で、踊り終わりました〜。YOU TUBEでも見られますが、私、手のみ写っとります。
Photo_4
変なおじさんがいますが、これは私ではありません。お笑い系インド人”チョダルイ・オッサーン”氏です。このおっさん、怪しい日本語でMCやって、しかもお笑いダンスしてました。私は、このおっさんのことは良く知らないのですが・・・。
Photo_5
おお!インドボリウッド映画”ダンス・ダンス・ダンス”ヒロイン板倉リサ君と、スーパーボリウッドダンサー三輪カノン氏の豪華ツーショット!
Photo_6
おお!スーパーモデルのRENAちゃん。彼女もボリウッド仲間だ!3ヶ月インドに行って、ファッションショーに出るということでした。オッサーン氏のMCを褒めてました。私は、踊り終わった後、へらへらと、ビール飲みながら、各屋台を冷やかして回ってましたが、どの屋台に行っても、インド人店員から、「お前さっき踊ってただろ!」と言われました。だけど、ナマステはかなりの人出だったので、各店舗凄い行列でした・・・?あれ?きみたち・・、忙しいのに見る暇なかっただろ???
不思議だなあ・・・。
Rena

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナマステインディア2010 一日目 ボリウッドダンス

ということで、ナマステインディア初日開会式にインド声楽の師匠すだるしゃん先生が出ると言うので、朝早く代々木公園にやってまいりました。
Photo_2
Photo_4
おお!写真右奥のインド人人形どうです。おお!これカレー屋の前に立ってたら良いなあ。カーネルサンダースと向かい合ってたいなあ。
Photo_5
2日目などは、大変な人出になりますが、まだ各店舗こんな感じ。
Photo_6
Photo_7
上のアリババと下のシディークで大声で呼び込み合戦やってます。活気があって良いねえ。でも、
君ら朝からそれで明日の夜まで持つんかい???でも、アリババもシディークも顔がどうも・・・
君らインド人じゃないな?
Photo_8
Photo_9
お?ステージ中央は、マーチャンさんだ。大使館で教室に入って来ては、写真を撮っていく人だ。
どうもフィリピンの人らしい。え?!すだるしゃん師の出番は夜に変更!!???
Photo_10
おお。インド大使も!おお!おしゃれな夫妻ですな。
Photo_2
おお!声楽の師匠DR.SUDARSHAN RAM師の登場!タブラの先生ですが、インド古典声楽を教えてもらってます。日本語は出来ません。「クダンシタ」と「サチコ」は言えます。声楽の授業は、実に分かりにくい英語が中心です。その上、ヒンディー語と、「クダンシタあ サチコう」が混じるので、声楽のラーガを覚える前に、難解な言葉の渦に翻弄されます。ちなみに右の女性がその「サチコ」ニナリマス。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッジョーレ湖〜コモ湖 イタリア6日目

一路コモ湖へ。コモは、高級リゾートで、風景も良いらしいので、楽しみです・・・。ん〜〜??、コモ湖は人の字の形をした長〜い湖で、湖沿いをずうっと行きますが、道が狭くって・・・。で、景色を横目に見てますが、どうも、風景が平坦だ。絵になりそうなポイントは・・・、ないなあ・・・。

とにかく、延々と、狭い湖畔道路を走り、やっと、ホテル「SOLE」に到着です。20時くらいになってしまったので、すぐ夕飯です。あまりにもお腹空いて写真撮る前に食べてしまいました・・・。
オリーブのフライとか、生ハムメロンとか、色々載ってる前菜プレート。美味しくお得でした。
Photo_4
パスタもエビのアメリケーヌソースも美味。よしよし。
Photo_2
Photo_3
夜中、雷鳴が延々と、恐ろしいほどの大音量で轟いていました。世の終わりかと思うほどでした。
くわばらくわばら・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マッジョーレ湖。そして孔雀! イタリア6日目

マッジョーレ湖着。6日目にして初めての雨。とりあえずランチを湖畔にて。おお、食事後,雨やみました。マッジョーレ湖は、イタリアで2番目に大きい湖だそうだ。湖の中の島を巡る観光が楽しいらしい。ベッラ島とペスカトーレ島の2島に行きま〜す。

おお!この写真がペッラ島。ボッロメオ家の宮殿です。カルロ3世が、妻のために建てたそうだ。宮殿だぜ!宮殿!!!

おお!妻のために建てたと言えば、遠くインドのタージマハールもそうですね。(奥さんが亡くなった後に建てたんだぜ。)

良いなあ。ロマンチックな話しだなあ。ん?ですが、宮殿の中は、実に多彩なコレクション・・・。しかも、コレクションごとに部屋が分かれていて・・・(う〜ん、一体何部屋あったのか・・・?絵画の部屋、様々な調度品の部屋はもちろん、貝殻が敷き詰められた洞窟風の部屋とか、変なパペット的なものばかり集めた部屋とか・・・。???妻のため??オタクだったのでは???んんん!オタクの超大富豪か?
私は、タージマハールを建てたシャージャハーンのロマンの方が良いなあ。
Photo_3
Photo_5
正面はこんな感じだ。
Photo_7
!!!!で、いよいよ今回の最大の収穫!!!孔雀の艶姿だ!!!
98740010_2
おお!!!!!!!!!!
98740014_2
おおおおお!!!!!!!!!
Photo_2
ぬびょおおおお!!!!!!
Photo_4
ミュージカル俳優の岡幸二郎君は、孔雀のように羽を広げてる夢を良く見たそうだ。おお、しばらく会ってないが、見せたいなあ。この写真。
Photo_6
如何でしょう?渾身の艶姿でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カレッツア湖〜ヴェローナ イタリア5日目パート2

オペラの前に夕飯。こんな路地にも、席を作ってしまいます。とにかく、お外で食べたいのね。皆さん。
Photo_3
で、夕飯ですが、ん?エビの上にマヨネーズがかかってるではないか・・・。写真ではあんまりだというのでどけてしまいましたが、スモークサーモンの上にもマヨネーズが、ボボンと乗っとる・・・。こ、これはどうなんだ・・・、すこぶる具合が悪いだろ・・・。イタリアンも外れると偉い事になります。
Photo_5
で、「アイーダ」で〜す。う〜ん、かなり演出が単調でした・・・。幕間で頼んだシャンパングラスは、お土産に持ち帰っていいんだぜ。
Photo_10
夜の、ホテルロミジュリで〜す。
Photo_12


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイルレストランのもうひとりのナイルさん

松竹社員時代から足繁く通った東銀座「ナイルレストラン」のナイルさん。実は、オーナーもナイルさんだが、このおじさんもナイルさんなのです。

細かく言うと、オーナーは、G.M.ナイルさんで、このおじさん(店長さんだ)は、D.Rナイルさんなのです。ちなみに、D.Rナイルさんが着ているTシャツの図柄になってるのが、オーナーの、G.Mナイルさんだ。

ところで、写真のナイルさん、額のチャクラが、滲んでます・・・?!おお!ムッティー君!私が、カラスに額を割られた事件の時の、額がこんな感じでした・・・。おお!カラスにチャクラを開けられた男、界存・・・。

ナイルさんに、最近、週3回インド大使館に通ってるんだぜ、と言うと、「日印交流のために頑張ってね。」と言われたなあ。なんだか、その言葉を最近よく聞かされる・・・。おお、ボリウッド映画ヒロインの板倉リサ君も言ってたっけ。何だか、その言葉が、私の中で共鳴してますう。ま、とりあえず、私は、ムルギーランチ食っておきます。
Photo_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

カレッツア湖〜ヴェローナ イタリア5日目パート1

カレッツア湖へ。おお。エメラルドグリーン。
Photo_18
Photo_2
で、明日は、コモ湖に行きますが、遠いので、今日は、ある程度走って、ボルツアーノあたりで、宿泊の予定でしたが、ガイドブックをよく見たら何もなさそう。ん?ヴェローナでも良いのでは?ということで、一路、ヴェローナへ。

それにしてもまともなイタリアンを食べてないです・・・。ケバブ屋しか見当たらなかったり、ホテル着が遅くなり、日本から持参したレトルトですませたり、マーガリン味のパスタだったり、大味なカツだったり・・・。などと、考えながら、ひたすら高速を走ります。で、昼になったので、ドライブインのレストランへ。お!ドライブインだし、何も期待してなかったが、結構いけます。おお!ドライブインで初イタリアン!Photo_3
Photo_5
満足し、ヴェローナへ。おお。良いじゃないかヴェローナ。円形劇場を中心にした広場は、街のアクセントになって良い雰囲気を出しています。ロミオとジュリエットの舞台になった街だし。
Photo_6
こんな感じでずっと、カフェが何軒も続きます。昼間っから、あちらもこちらもかんぱりぱりぱりぱり
。飲みながら、楽しそうだ。

Photo_7
Photo_10
金塗りチャップリンも。人形振りにしては、良く動く。人形振りといえば、モゲスコビッチアホロー君
ですが、只今、ディズニーランドのタートルトークの声の仕事で忙しくしてます。
Photo_20

あれれ?!9月8日にミルヴァの公演が!良いなあ、見たいなあ。
Photo_13
とにかくまずは、ホテル探しです。何軒か、金額を聞いたり部屋を見せてもらったりします。ホテルカブールでは、フロントのおじさんが、大阪の創価学会にいたんやで、などとおっしゃる。で、結局、ここになりました。ホテルロミオとジュリエットになります・・・。熱海で言ったら、ホテル貫一お宮、ということですな。おお!ちょうど、今、野外オペラやっとるんですか。日替わりで演目変わります。今日は、アイーダです。それに、ホテルから、劇場まで歩いて2分だし。ということで、当日券を買いにいきます。ガイドブックによると、予約席は事前に埋まってしまうので、当日券は、石の席に座る自由席しかない、との事。ん?でも窓口で聞いたら、予約席もあるじゃん。しかもけっこうガラガラじゃん。
Photo_17


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルティナダンペッツォ〜ミズリーナ湖 イタリア4日目パート3

ランチ後、トイレ・・・。が〜ん。有料トイレ!なのに!和式!ピザ太りのイタリアの皆さんが和式で?

ん?ところで、7Th君。この旅行は、日本画家Vian氏の取材旅行に同行しておるのです。以前も、フランスと、クロアチア・リトアニアの取材旅行も同行してますが、クロアチアでは、プリトヴィッツェ国立公園の滝、リトアニアのブレッド湖、ブレッド湖の白鳥、洞窟城の4点を日本画で完成させています。フランスでは、モネの家を、作品に仕上げております。まだまだこの3カ国に関しては、描きたい題材がたくさんあるようです。ただ、今回のイタリアは・・・、どうだろう?絵の題材としての収穫は、6日目に遭遇するスカラ家宮殿中庭の放し飼いの孔雀が羽を広げた所ですな。

ということで、4日目です。ミズリーナ湖です。ええと、ここは、オリンピックのスピードスケートが自然の氷の上で行われた最後の会場だそうだ。・・・・、へええええ・・・。何で辞めちゃったのかなあ、氷が割れて誰か落ちたとか? 7Th君あたり意表を突いた予想がありそうだ・・・。
Photo_2
Photo_3
Photo_5
Photo_8
ホテルにチェックイン。フロントのイタリアンが、しきりにHPにレビューを乗せろと言って来るが、う〜ん、ほめるポイントが・・・・。
Photo_10
付近を散策。といっても山の中なので、何もないのですが。ホテルの隣のレストランのオープンスペースというか空き地で、カンパリ。どういうわけか、イタリアでは、カフェでカンパリが流行のようで、昼間っから皆、カンパリ飲みながら楽しそうにしてます。

ホテルの夕飯は、どうも期待出来ない予感がするのです・・・。でもここは、山の中・・・、と思っていたら、フロント横の掲示板に、コルティナの街までシャトルバスが出てる・・・!ということで、街へ。写真のような感じで、歩道に椅子が出てまして、カンパリとか飲みながらダラダラするのですな。

この後、ピッツェリアで食事でしたが、イタリア人は、家族で来てみんな一枚づつ(でっかい一枚)ピザを食べるのですよ。おいおい、みんなピザかよ。サラダとか別のもの頼んでシェアするとか・・・。飽きないのか?君たち・・・?方々からオーダーの声が聞こえて来ますが、ぴざぴざぴざぴざぴ。

で、夕食後は、街をぶらぶらしながらウインドウショッピング・・・、と言っても、バカンスシーズンだから、どこも閉まっとるです。なのに、皆さん(結構、人出が多く賑わってました)閉まってる店のウインドウを飽かずに一軒づつ眺めてます・・・・。何軒か空けろよ。何でみんなこぞってバカンス行くの?空けとけば、儲かるぞ。結構、賑わっているわけだし。皆、ジェラート食べるくらいしか、すること事ないし・・・。この数日後に、バカンス地のリビエラに行くのですが、そのバカンスぴーぷる達が何やっとるかと、言うと・・・、ジェラート食べとるだけやないけ!?
Photo_11


| | コメント (1) | トラックバック (0)

コルティナダンペッツォ〜ミズリーナ湖 イタリア4日目パート2

山小屋でランチ。これどうでしょう?美味しそうに見えますか?ま、まずい・・・・・。変なマーガリンであえた味が・・・。そういえばイタリアに来て4日目になりますが、まともなイタリアンを食べてない・・・。
Photo_39
Photo_42


| | コメント (1) | トラックバック (0)

コルティナダンペッツォ〜ミズリーナ湖 イタリア4日目

快晴でひざし強し。だいぶ時差ぼけも治って来ました。コルティナダンペッツォへ。
ドロミテ山塊です。去年、世界遺産になったばかり。
Photo_2
Photo_5
Photo_9
Photo_11
Photo_15
Photo_18
Photo_20
Photo_23
Photo_26
Photo_37


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パドヴァ〜バッサノデルグラッパ イタリア3日目

パドヴァの植物園へ。世界で最古の植物園だそうだ。すみません。まずトイレ・・・。どこ?おお!受付でトイレの鍵を借りろ、という。おお!洋式だ!綺麗だ!広いし!こんなにトイレで感動するとは、如何に今までのイタリアトイレ事情が悪かったかが分かります。
a href="http://kyson.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/09/14/photo_15.jpg">Photo_15
Photo
ゲーテもこの植物園で思索したという。
Photo_3
バッサーノデルグラッパへ。車で一時間です。相変わらず、エイビスレンタカーのカーナビは、ハスキーなセクシーボイスで道案内してくれます。
Photo_4
実に味わい深い<
橋です。
Photo_5
Photo_6
Photo_9
Photo_10
Photo_13
バッサーノデルグラッパは、この橋のように素朴な街でした。ここで泊まる予定でしたが、コルティナダンペッツオでの時間を、もう少し余裕を持とうということで、なるだけコルティナの近くまで走る事になりました。18時くらいになったので、このへんでホテルを探しながら走ります。道路沿いに山小屋風のホテル発見。今日はここにします。お?最後の一室でした。あら?賑わってますな。
で、夕食。エスカルゴ・・・。ん?こりゃあ冷凍でしょ。
Photo_15
う〜ん。写真でも美味しくなさそう・・・。実際その通り・・・。
Photo_16


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »