« 尾瀬 | トップページ | エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート3 »

エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート2

ノンヴィブラートで歌う目的を検証してみます。

1.子守唄
このCDは、世界の子守唄を集めたものです。「人間が一番最初に聞くラブソング」が子守唄なんですね。

子守唄は、穏やかに眠れるように導くのが目的ですから、心臓の鼓動と同じテンポで、穏やかな波形の声と感情で歌いかけるのが良いのでしょうね。だからヴィブラートはかけない。


Lullaby_2


上の、ものは、ネパールの子守唄です。
少し話はそれますが、子守唄は、基本は、もちろん子供を安らかに眠らせるという歌詞のものが、多いですが、中には、少し変わったものもありますね。例えば、

1、ご褒美系子守唄・・・食べ物で子供を釣る系は、結構世界中にあるらしいです。例えば、インドの子守唄は、「眠れば、パン屋がパンを持って来てくれるよ」などという歌詞です。教育的見地からも、労働の対価として食べ物が得られる、ということを、子守唄を通して学んでいる、ということですな。日本にこういう系統の子守唄はありましたかね?

2、脅し系・・・・ブラジルのなどは、「寝ないと怪物クカが、お前を食べちゃうぞ」というものも。

3、意味不明恐怖系・・・・タイの子守唄には、トンという名前の人が、米を持ってくるはずだったのに、小舟で死んでた。白骨死体だった。」というのもありました。?????

続く・・・・。

|

« 尾瀬 | トップページ | エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート3 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240751/41082845

この記事へのトラックバック一覧です: エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート2:

« 尾瀬 | トップページ | エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート3 »