音楽

モンラッシェのような歌声

Photo
石田一美さんは、ご自分の歌を、ワインに例えると、「モンラッシェ」です、と答えました。その心は、石を口に含んだような硬質な味わいがあるからだそうです。(ちなみに、モンラッシェは、フランスブルゴーニュ地方産辛口ワインです。土地が、石灰分の多い土壌なので、石田さんのコメントのような味わいになるそうです。)

レッスンの度に、それぞれの歌に対する感じ方を色々な切り口で聞いているのですが、石田さんは、どういう切り口で聞いても、即答が返ってきます。ひとつの歌に対して色々な角度から真摯に突き詰めている。そういう姿勢が、歌の深みを作るのですね。

石田さんは、プロのジャズシンガーです。

よく生徒の皆さんと、エニアグラムパーティーというものをすると、大変盛り上がるのですが、(エニアグラムは、人の性格を9つに分けて、それぞれのタイプの共通性などを合理的に分析する心理学です。)彼女は、タイプ3です。

タイプ3は、3つある感情センサーグループのひとつです。他2つの感情センサーグループとの違いは、目的と、手段の関係がはっきりしている所です。目的のために、自分と感情を分離させることが、出来る、と言われています。

石田さんのレパートリーで、「Give Me The Simple Life」などは、その感じが強く出る曲でした。歌いながら、ライブハウスの入り口で、コートを持って待っているお客さんがいると、「あ。あのお客さんずっと待たされてる。早く従業員が気が付いてあげないかなあ。」とか、色々な所に気を配りながら歌っている。そうすると、タイプ3の感情を切り離す感じが強くなっていました。

一方で、「Will You Still Love M e Tomorrow」などは、自分の内面だけに、フォーカスされた歌い方になります。

エニアグラムの何が面白いかと言うと、自分のタイプの陥りやすい所と、それを埋めるための統合の方向が具体的に書いてあるところです。血液型とかだと、O型のあなたは、こんな人〜それ当たってる〜」で終わりです。でもエニアグラムでは、その先が書いてある。あなたは、こんな人で、こういう傾向があるから、こういう視点で考えるようにしよう。」という具合です。

で、タイプ3は、自分の目的のために、感情を切り離すので、自分がどう感じているのか分からなくなったりします。でも、自分を演出する事は上手いので、きらびやかな印象は人に与えられる。

以前の石田さんの歌は、そういう感じもありました。でも、最近になって、ご自分で感ずるところがあったようで、きらびやかで外向的な歌い方を、すっぱりやめてしまった。
Photo_2
そうしたら、歌の様相が劇的に変わっていました。きらびやかにアメリカナイズされた書き割りを取り除いたら、”砂の器”が出現した、という感じでした。何かこう、諸行無常的な歌声なのです。ジャズを聞いて、諸行無常と言うのが、結びつきづらいかも知れませんが、聞いて頂ければ、お分かり頂けると思います。只今、CD制作に向けて準備中です。

レッスン当初は、ソウルのレパートリーのために声量も付けたいという目的でいらしたのですが、人に向けて歌う、というよりも、むしろ、どんどん自分の中の何かに向かって、歌うようになりました。
本人は、それを「究極のひとりごと」と言って笑っています。

ところで、以前いらしていたボサノヴァシンガーのChieさんも,レッスン当初は、ジャズを歌われていて、バンドに負けないように声量を付ける目的でいらしていましたが、自分の特性を客観的に見つめた結果、ジャズより、ボサノヴァを歌うという方向にシフトチェンジしたわけです。

Chieさんも、石田さんもジャズという、形式に自分を合わせようという努力を続けて来ましたが、お二人とも、それを辞めて、自分の特性を活かす道を選びました。
Photo
教える仕事をしていて、一番嬉しいのは、生徒さんのブレイクスルーに立ち会えた時です。
Photo_2
ボイストレーナーが声量付けなくても良いよ、というのもおかしな話しに聞こえるかも知れませんが、私は、フォームに合わせてレッスンするよりも、その人の歌が活きる最良のやり方でレッスンしたいのです。ん?いやもちろん声量を付けるためのレッスンももちろんしますよ。そういう諸々のテクニックが出来た上で、使わない選択もする、ということです。

ということで、ワインに例えると、モンラッシェのような歌、そして、砂の器のような諸行無常感。
早く、CDを作り、聞いてもらいたいものです。

ところで、私の歌も、ワインに例えてもらいたいなあ・・・。


| | コメント (12) | トラックバック (0)

エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート5

これまでは、ヴィブラートを付けない様々な歌唱スタイルをご紹介しました。

ところで、人間は、自由に様々な声を操る事が出来ますが、人間の祖先と言われている類人猿は、人間のように自由に発声出来なかったようです。

類人猿の喉頭は、人間よりも高い位置にあるので、咽頭の長さが短くなり、音域がかなり限定されるようですし、舌や口の形状も人間のように多彩な音を作れるような構造ではない。だから、母音を出すのも不可能な構造だったようです。

いやあ、進化する、というのは凄い事だと改めて思いますね。うなるしか出来なかったものが、オペラだったり、ロックだったり、多彩な歌唱スタイルを自由に声帯を駆使して表現出来るようになったわけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート4

ロック歌手も、ヴィブラートをかけない主義の人も居ます。たとえば、この映像はサンタナ&ミッシェル・ブランチの「the game of love」です。まったくヴィブラートかけてません。これによって、ストレートな若さと、歌手と聞き手の距離感が大変身近に感じられます。

次は、ヴィブラートをかけないことで、若さを通り越して幼児性(というと語弊があるかもしれません。ある種の純粋性でしょうか)を表現した例です。
Cranesの「Watersong」です。ちなみに、発声的には、このふたつの歌唱スタイルは、喉頭の位置を変える事で、獲得可能です。

以上、パート2から見て来たように、ヴィブラートをつけない歌唱スタイルでも、その目的や意図する所は、それぞれ全く違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート2

ノンヴィブラートで歌う目的を検証してみます。

1.子守唄
このCDは、世界の子守唄を集めたものです。「人間が一番最初に聞くラブソング」が子守唄なんですね。

子守唄は、穏やかに眠れるように導くのが目的ですから、心臓の鼓動と同じテンポで、穏やかな波形の声と感情で歌いかけるのが良いのでしょうね。だからヴィブラートはかけない。


Lullaby_2


上の、ものは、ネパールの子守唄です。
少し話はそれますが、子守唄は、基本は、もちろん子供を安らかに眠らせるという歌詞のものが、多いですが、中には、少し変わったものもありますね。例えば、

1、ご褒美系子守唄・・・食べ物で子供を釣る系は、結構世界中にあるらしいです。例えば、インドの子守唄は、「眠れば、パン屋がパンを持って来てくれるよ」などという歌詞です。教育的見地からも、労働の対価として食べ物が得られる、ということを、子守唄を通して学んでいる、ということですな。日本にこういう系統の子守唄はありましたかね?

2、脅し系・・・・ブラジルのなどは、「寝ないと怪物クカが、お前を食べちゃうぞ」というものも。

3、意味不明恐怖系・・・・タイの子守唄には、トンという名前の人が、米を持ってくるはずだったのに、小舟で死んでた。白骨死体だった。」というのもありました。?????

続く・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディットピアフは何故ヴィブラートをつけたのか?パート1

ヴィブラートについて書いてみたいと思います。

ヴィブラートとはなにか、ということをつれづれなるままに書くので、長くなると思います。まだ、研究途上なので、不明な点なども多いと思いますが、出来るだけ、しっかりと書くつもりです。

ヴォーカルの歌唱スタイルで、ヴィブラートを使用するものとしないものがあります。何故、ヴィブラートは付けるのか?または、何故、付けないのでしょう?

ヴィブラートを付けるスタイルについては、後にして、まず、ヴィブラートを付けないスタイルについて書いてみます。では、どういうものがあるか挙げてみます。

1、子守唄・・・ちなみにこれは、世界の子守唄を集めたCDです。
Lullaby
2、グレゴリオ聖歌・・・ベネディクト派の修道院の僧侶が歌ったCDです。
Photo
3、ボサノバ

4、ポピュラーや、ロック歌唱でも、ヴィブラートを付けない派がいます。

まだまだあると思いますが、とりあえず以上の、4点について、次回は、何故、ヴィブラートを付けないか、その目的をつまびらかにしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスン日記〜同じ歌なのに歌い方でこんなに違う!

Photo
2月22日、ジャズシンガー”パッ・ドゥワ・ファッキャオ”さん(合宿名)のレッスンでした。

彼女のお客さんからリクエストが
あったので、”You`d be So Nice to Come Home to"をレッスンしたいという。で、一度、通して歌ってもらいました。”おお、良いじゃないですか!”という私に、”もう一回、聴いてみて下さい”というので、もう一度、通しました・・・。???これは???おお!なるほど、以前の歌い方ではないですか!

ファッキャオさんは、エニアグラムタイプ3ですが、このタイプは、華やかな雰囲気があります。そして、毎日、ゴルフレッスンに入れ込んだり、冬は、軽井沢でスキーをして、スラローム大会で優勝するという活動的な方です。

しかし、一方、合宿の、エニアグラムパーティーで、絵を描いた時に、非常に内省的な絵を描いてまして、その対照的なところが印象に残っていました。その後、六本木の”サテンドール”の、ファッキャオさんのライブで、”キャロル・キングの”Will You Still Love Me Tomorrow"を聴きました。

それは、絵の時に感じた深みと同じものでした。一言で言えば、”諸行無常”の響きなんです〜。ジャズシンガーの表現するものに、諸行無常とは、結びつかないイメージかも知れませんが、まさにその言葉がしっくりくる内省的な深みを持った味わいなのです。おお!この感じもっと聴きたいし、追求して欲しいなあ、と思っていました。

そして、2月22日。ファッキャオさん曰く、”この2通りの歌い方を、ネールアートで例えると・・・、(ネネ、ネールアートっすか?)以前の歌い方は、自分は歌に、パールとかラメとかを入れたがるんだな、ということが分かった・・・。で、今の歌い方は、爪にヤスリをかけたくらいの、ちょっとざらざらした感じかな・・・。(う〜ん、なるほど、その心分かりましたあ。)

タイプ3は、自分を深めていくのが、大事、と言われていますが、以前の歌い方だと、パールやラメなどという、サービス精神が、歌いかける対象を広くし過ぎていましたが、今の歌い方は、歌が、実に近くに寄ってきた感じなのです。ファッキャオさんは、最初、声量をつけたい、と私の教室にやってきましたが、それよりも、自分の持っている深みのある内省的な言葉に、気付く事がテーマだったようです。

自分に贈る最高のプレゼント、それは、新しい自分に出会う事。これは、ファッキャオさんの言葉です。おお!素晴らしい。歌や演技を通して、成長出来るなんてなんて素敵な事だろう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボイストレーニングに役立つエニアグラム タイプ1

”完璧主義”!の、キャッチフレーズを持つ、エニアグラムタイプ1の声ってどんな声でしょう?

>声の方向性的に
1、声が一点に向かう感じ
2、声が前後、両方の方向性を持っている

>声の柔軟性的に
3、喉が固くなりやすい

ざっくり言ってこんな印象ですが、以上、分かりにくいので説明しますと、

声が一点に向かう感じとは?・・・タイプ1は、物事を、真面目にコツコツやっていくようです。しかも細かい性格で、一点に集中する印象があります。だから、声の方向が一点に向かってくる印象があるんです。

逆に、タイプ7の合宿名「ひょっぴり君」などは、仲間の中で、楽しく遊びたいタイプで、ひとりに向かって、というより、皆に話しかけている感じの声なんです。だから、声が拡散する印象があります。一対一で、話しをしている時でも、声の向きが拡がったままなので、「あれ?この部屋に誰か他に人がいて、その人にも話しかけてんの?ひょっぴり君?」という錯覚に陥って、つい周りを見てしまいます。

タイプ1は、間違ってもタイプ7のような拡がった声にならないなあ。

声が前後両方の方向性を持っている、とは?

タイプ1は、パフォーマンスをしている時、おおむね、声が鋭く前に向かって来る印象なのですが、たまに、声が後退していく瞬間があるんです。タイプ1は、どんな時も、「わしが、今やっちょることは、正しいじゃろうか?」(合宿名:シャケ殺しの鱒太郎や、へにょまっしゅるさん達が、よく広島弁で、そう言ってます。)と絶えず、自分の行いに物差しを当てて考えてる、ので、その「物差しタイム」に、「声が後退もしている印象」になるのかなあ・・・・。どーなのよ?へにょまっしゅる?

喉が固くなりやすい。は、

タイプ1は、左右とか後ろとか、上下、とか、に全く意識がなく、前方の一点のみにしか意識がない?
印象が強い・・・。そういう瞬間に話しかけても、無視されたり・・・・。

なので、それにつれて姿勢が前のめりになってきて・・・。前側の筋肉が固くなって・・・。喉頭筋も固くなる・・・。歯を食いしばって頑張ってる印象も強いですし・・・。

合宿名:ハンケツ王子君などは、エニアグラムパーティーの時に、羽を一杯に伸ばして、ギラギラした太陽に向かってまっしぐらに飛んでいく鳥を描いて、「これが自分だ!羽をぎりぎりまで伸ばして、頑張って目的に向かってる!休む時は、死ぬときだ!」・・・・、って言ってたっけ・・・。

あのお・・・・、少しは休んでもらいたいなあ・・・、と、言ってもなかなか耳を傾けてくんないんです・・・。頑固だから・・・。タイプ1・・・。いつでも、弓とか、弦とか、を、一杯に引き絞ったまま、だと、つらいよ・・・。

  ボイストレーナー・ボーカル・コーチ
    界存
  御苑ボイススタジオ
  〒160-0022
  東京都新宿区新宿2-1-1ラポートピア702
   tel:03-3359-5105
mail:kyson731@k6.dion.ne.jp

   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝!フィレンツェ公演!

レッスン生の「エコツミ」こと小橋寛子さんが、フィエンツェで開催される日本映画祭のオープニングイベントで歌います!トスカーナ州の公式事業で、フィレンツェ市長も出席し、大変な注目の中、歌うようだ。

では、才媛、小橋寛子とはどんな人?以下まとめてみました。

1、言葉の研ぎ師
2、不思議な日本情緒を感じさせる歌手
3、スーパータイプ7の(エニアグラムタイプ)女明石屋さんま

です。ざっくりですが。1と2の人物像から、3にいくというかなりのオチですが、これが小橋さんの幅の広さかなあ。

1、小橋さんには、たまに、「言葉の不意打ち」なるものを仕掛けたりして。文学やら、言葉の使い方、など仕掛けは、多岐に渡りますが、小橋の、隙?を狙って「これについて、我、いかに?!」とばっさり問うという遊び(?)です。

 しかし、小橋さんは、どんな太刀を浴びせかけても、切り返しが凄いと言う!さすが、早稲田の才媛!彼女の紡ぎ出す歌詞は、慶応やら青学やらから、ではなく早稲田的土壌からしか、生まれないのでしょうなあ。

2、「おはじき」など、失われつつある日本の情緒的キーワードを使い、独特な心象風景を紡ぎ出す小橋さんの歌は、「砂的歌い手」かなあ。インド音楽では、「火の声」とか「水の声」などの分類がありますが、そんなイメージで言うと、「砂の歌」になるかなあ。砂って言っても「さらさら」だけでなく色々な表情を見せますし。「泥」的になったりもしますしね。?でも、土的ではないな。

3、合宿では、10人乗りの車とかで、信州などに行ったりするわけですが、エニアグラムタイプ7の「ひょっぴり君」やら「重油マン」やら「ケロピンキー」こと小橋寛子が、その10人乗りの車に乗り込むときの、3人の行動が面白かったなあ。3人とも、視線が、座席の中央に注がれている、という。

そんな中心になって目立ちたい、根っからのパーティーピープル小橋寛子のトークは、歌の繊細な世界とは、全く反対。「女明石屋さんま」になります。振り幅大きいなあ。

100ページあっても、語り尽くせないエピソード満載の小橋さんのエピソードは、またの機会に。
とにかく、フィレンツェ公演の成功を祈る!

「エコツミ」のHPも是非。
http://www.ekotumi.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ボイストレーニングに役立つエニアグラム

 ボイストレーナーをする傍ら、エニアグラムに興味を持ち、スタジオの皆と、遊びで、エニアグラムを体験してきました。体験と言うのは、合宿で、「エニアグラム大会」をしたり、都内でもスペースを借りて「エニアグラムパーティー」なるものを開いて、皆で遊びながらの体験でした。

 当初の目的は、普段のレッスンでは、あまり交流のない生徒さん同士が仲良くなれる場にしょうというものでした。

 そうして、体験を重ねていくうちに、「ボイストレーニング」と「エニアグラム」が段々、結びついてくるようになり、よりエニアグラムが面白くなってきました。なので、少しずつ、体験して来た事を、雑記的に、書いてみようと思います。

 一回目は、タイプ9!

 タイプ9は、9つあるタイプのうちの、本能センサーに属し、親との関係では、両親に尊重されて育ったようです。(エニアグラムは”親なるもの”との関係から9つのタイプに分かれる、という、合理的な心理学なので、そこが気に入っているところです。)

 母親のお腹の中にいるときから、ストレスがなかったようで、タイプ9の人は、一様に、「お腹の中が居心地が良かったので、別に胎外に出なくても良かった」?!とか、「死ぬのは別に恐くない」とか、言ってます。
 合宿名「パラパラパンパース」さん(合宿では、行きの車中で、合宿名を付け合い、合宿中は、その名前で呼び合います。案外、そうすると、初対面同士でも、すぐに仲良くなれるんですね。)に至っては、目を閉じると、映像が浮かぶが、それの方が、現実世界より、リアルさがある。などとも言ってます。

 おっと・・・、合宿でのことなど書いていくと、膨大な話しになっていくので、声との関係に絞っていきましょう。

 相手と同化するタイプ9
 合宿名「ギンギンに冷えたニトロクラッシュ」さんとの歌のレッスンで、どうも声量とか、表情が乏しいので、「じゃあ、他のエニアグラムタイプに自分がなったつもりで、歌ってみよう」と、色々なタイプで、歌ってもらいました。そうすると、見事に、色々なタイプを、歌で、演じ分けるので、感心してしまいました。タイプ9は、人と同化していくのが、得意なので歌でも、そういう長所が出るんだなあ。感心したところで、「じゃあ、自分のタイプに戻ってもう一度!」と歌ってもらったら・・・、あらら・・・、また声量なくなっちゃったよ・・・。

 自然とも同化するタイプ9
 同化しやすいタイプ9の中でも、合宿名「ユンチュン」さんは、モンゴル民謡で、自然とすっかり同化した唄声を聞かせてくれます。見事な自然描写で、モンゴルの草原を、馬が駆けていき、青い空に、鳥が美しく舞っている・・・、そんな映像が目に浮かぶようです。・・・・、ああ・・・、それなのに、話し声は、か細い・・・・、そんなタイプ9が面白い。

 平和が好きなタイプ9
 争うのが嫌いで、皆で輪になって、和気あいあいとしていたい。タイプ9の人がいると、その場が、ホワッとした穏やかさが漂う・・・合宿名「炊き込め炊き子」さんが、そんな感じです。タイプ9は、怒りが眠っているタイプと言われますが、炊き込めさんなどは、「怒りを感じた事がない」ので、怒る演技の時に苦労されてました。
 
 自分の存在がテーマのタイプ9 
 タイプ9は、親などに、放ったらかしにされた感があるようで、自分の存在が希薄ではないか?という感覚があるようです。合宿名「パラパラパンパース」さんの歌は、そんな感覚が出ています。例えて言えば、誰もいない雪原で、自分の心に鋭利な傷があるのに気が付いたが、それは、村上春樹を読んだ後だからか?と思ったときのような?そんな喪失感を感じます。

 普段は、ホワッとしているのに、歌うと鋭利な喪失感が出る・・・。歌声って、面白い・・・。
       
       界存
  ボイストレーナー・ボーカル・コーチ
     御苑ボイススタジオ
  〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-1ラポートピア702
  tel:&fax:03-3359-5105
mail:kyson731@k6.dion.ne.jp


  


  

 

 


| | コメント (3) | トラックバック (0)

咽び泣きソウル入門ーDidn`t I Blow Your Mind

アメリカの心理学者ジョン・スロボダの研究によれば、音楽を聴いて体験する感情のうち、最も多いのが
「悲しい」だそうだ。

ところで、「楽しいは悲しい」という感覚は、分かりますか?どうもこれは、私のように、エニアグラムタイプ4に固有な感覚なのかなあ。エニアグラムの他のタイプの人には、楽しい事が終わってしまう、と思うと悲しい」とか理解されますが、そういう感覚ではないんだよね。「存在の悲しみ」みたいなもので、楽しい事をしていても、それが常に通奏低音のように根底に流れている、というのが「楽しいは悲しい」かなあ。

というわけで、根っからの”咽び泣きびと”界存、の咽び泣きソウル入門です。最初に取り上げるのは、
デルフォニックスの「Didn`t I Blow Your Mind」です。1970年にグラミー賞を取ってるぜ。さざざまなアーティストにカバーされてます。とにかく名曲だ。世界1メロウな曲かも。とにかくこの曲を、聞くやいなや、甘く切ない”涙壷”の中に浸れる事間違い無しだ。

タランティーノの「ジャッキーブラウン」でも使われてます。映画の中で、この曲は実に効果的に使われてます。あまりにもタフな状況で、泣いてなどいられないジャッキー・ブラウンが、それと対照的な咽び泣きソウルを、聞いているのが良い。人の内面がより、ポエティックに表現されているのだ。この曲は、ギャングの内面を表現する時にも使われますが、これも実に効果的で面白い。

さて、その曲ですが、「君にすべてを捧げたけれど、この愛は通じないのか?・・・。」的な、”切ない”男心を歌う訳ですが、相手に訴えると言うより、むしろ内向的に歌うところが、ミソですな。白人アイドルグループなどが、この曲を歌っているのですが、そういうアプローチではないので、青臭く感じるのでしょうな。いやあ、やはり、デルフォニックスは素晴らしい。ファルセットのフェイクも非マッチョ的で良いです。 

B00005jxqs09mzzzzzzz9687kb


界存
ボイストレーナー・ボーカル・コーチ
御苑ボイススタジオ
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-1-1ラポートピア702
mail:kyson731@k6.dion.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)